大学教授でブロガーのファム・ミン・ホアンが、予想されるベトナムからの国外追放について公開書簡を執筆

大学教授でブロガーのファム・ミン・ホアンが、予想されるベトナムからの国外追放について公開書簡を執筆

ファム・ミン・ホアン

前政治犯、数学教授、ブロガーであり、フランスとベトナムの二重国籍を持つファム・ミン・ホアンは、ベトナム国籍を失いフランスへ国外追放されそうだという知らせを受け、支援の要請をフェイスブックのページ上に公開した。

フェイスブックのコミュニティ、友人、支援者の皆さんへ

2017年6月1日、サイゴンにあるフランス領事館が私に「恐ろしいニュース」を知らせてくれました。5月17日にベトナム政府が私のベトナム国籍を剥奪し、そして私をフランスへ国外追放するというのです(私はフランスとベトナムの二重国籍を取得しています)。

この文章を書き始める際、私は麻痺したような気持ちになっています。その知らせを聞き、私の妻と娘は泣き始めました。私の兄(南ベトナムでの戦争の退役軍人で障害者)もショックを受けています。家庭の事情で、妻は私に同行できません。年老いた母と障害を抱えた兄の世話をする必要があるので、家族は分裂せざるをえません。

1973年の11月でした。

留学するためにパリへ向かったその日を、昨日のように覚えています。飛行機がサイゴン上空を飛行しているとき、私は窓の外を眺めながら、戦争で荒廃した母国を再建するために戻ってくることを誓いました。2年後、私の計画はすべてめちゃくちゃにされ、新しい人生、新しい場所、そして全く新しい考え方を強要されました。しかしながら心の中では、私が生まれた国であり死んだら埋葬されるであろう母国にまだ望みを持っていました。