「緊迫する南シナ海情勢 ベトナム、フィリピン、そして日本」11月5日 拓殖大学文京キャンパスにて研究講演会開催

「緊迫する南シナ海情勢 ベトナム、フィリピン、そして日本」

11月5日 拓殖大学文京キャンパスにて研究講演会開催

南シナ海問題を考える会事務局

 11月5日、午後2時より、拓殖大学文京キャンパス C101教室にて「緊迫する南シナ海情勢 ベトナム・フィリピン そして日本」と題された研究講演会が開催されます。ご存知のように、2016年7月12日、国連海洋法条約に基づくハーグ仲裁裁判所は、フィリピン政府が訴えた南シナ海問題に関し、中国が主張してきた内容を全面的に否定する判決を下しました。

 中国の南シナ海における侵略行為は、1950年代にパラセル(西沙)諸島に部隊を派遣してその野望を明らかにした時点で始まっていますが、ベトナム戦争が北ベトナムの勝利で終わる直前の1974年、すでに力を失っていた当時の南ベトナム軍を撃退して、諸島全域を支配したいます。さらに80年代にはスプラトリー(南沙)諸島の一部も占拠。フィリピンが領有権を主張するミスチーフ礁にて、95年には中国軍が事実上の基地建設に入りました。そして、近年のあからさまな人口島建設、ミサイル基地の設置などでこの両諸島に中国が明確に南シナ海の軍事的覇権を確立しようとしていることは、様々な報道により明らかなことです。

この覇権主義と侵略、力による支配に対し、今回のハーグ仲裁裁判所は明確に違法なものとみなしました。今回の判決によれば、中国が主権を主張する独自の境界線「九段線」に国際法上の根拠は全くないこと、現在中国が強引に作り上げた海上人口島も、「島」としては認められないことを宣言。原告であるフィリピン政府の「中国が人工島を造成したミスチーフ礁などは満潮時に水没する『低潮高地』(暗礁)であり、領海を設定できない」との主張を全面的に認めています。

 さらに、スカボロー礁やジョンソン礁などは「岩」であると認定し、沿岸国が漁業や資源開発などの権利を持つ排他的経済水域(EEZ)を設けることへできず、特にスカボロー礁周辺の海域は中国、フィリピン、ベトナムいずれの国々にとっても伝統的な漁場であり、中国がフィリピン漁船にたびたび妨害を加えていたことも国際法違反だとしています。


ベトナムの勇敢な土地活動家Cấn Thị Thêuの証言―暴力、逮捕、そして投獄

ベトナムの勇敢な土地活動家Cấn Thị Thêuの証言―暴力、逮捕、そして投獄

グローバル・ボイス

2016年9月28日

Giang Nguyễnが編集したこの記事は、ベトナム関連のストーリーを放送する独立系ニュースウェブサイトおよびポッドキャストのLoaから採られ、グローバル・ボイスによってコンテンツ共有の合意に従って再発行されています。これは土地活動家のCan Thi …