オバマ大統領訪問後のベトナム

オバマ大統領訪問後のベトナム

文責:デュイ・ホアン

2016年5月30日

オバマ大統領の訪問でベトナム国内の風潮に変化が生じ、同国政府と中国政府との距離が開いた可能性がある。

昨年11月にベトナムを公式訪問した際、中国の習近平国家主席はベトナム政府から21発の礼砲をもって迎えられたが、同時に活動家たちの反対運動も巻き起こった。中国の指導者をひと目見ようと国民が車列の通るルート沿いにつめかけることも、若者たちが習国家主席と並んでセルフィーにおさまろうと騒いだとの報道もなかった。

今月訪問したバラク・オバマ大統領に対してその時のような派手な式典は行われなかったが、大統領は行く先々で大勢のベトナム国民の熱狂的な歓迎を受けた。ベトナムのメディアには一般国民と触れ合うオバマ大統領の写真が躍り、大統領の演説やコメントの動画は3500万人いるとされるベトナムのフェイスブックユーザーだけでなくフェイスブックコミュニティ全体にもシェアされた。

これの意味するところは何なのか?アナリストは大統領が武器の禁輸を解除したことと、その結果今後のアメリカ=ベトナム関係がどうなるかのみに注目してきた。しかし、両国の関係にはベトナムの外交および内政方針を左右する、もっと根本的な何かがあるはずである。

ソフト・パワーの勝利