ベトナム警察の蛮行:繰り返される嫌がらせ

警察の蛮行:繰り返される嫌がらせ

2016年3月7日

チン・グエン

昨年8月の晴れた日、家族、友人、支援者たちの大集団が南部ラムドン省ラムハ地区にある警察署のゲートを走り抜け、トラン・ミン・ニャットを歓迎した。

4年間にわたりニャットは監視下に置かれ、5か所の異なる刑務所に閉じ込められていた。この日の出所に際して、彼は感情あふれる歓迎を受けた。

大学生のとき、ニャットは中国が主張しているベトナムの主権海域に対する抗議活動に参加し、セントラルハイランドのボーキサイト採掘に関する活動に人々を結集させ、カトリックのメディアネットワークであるベトナム・リデンプトロリスト・ニュースとラジオ・アルフォンソのレポーターをボランティアでおこなった。数多くの活動家と同様、平和的な抗議活動の中で彼は多くの場合、公安警察との衝突を経験した。

サイゴンでの2011年の逮捕は、大学試験終了後だった。刑務所でニャットは悪臭を放つ水と腐敗した食べ物に耐え、現状に抗議するために時には数週間のハンガーストライキを始めた。今は28歳になり獄中から釈放された彼は、警察の蛮行の脅威からまだ解放されていない。