ベトナムで最年少の政治犯(15歳)に4年半の実刑判決

ベトナムで最年少の政治犯に4年半の実刑判決

Viet Tan誌

2015年11月27日

ベトナムで、15才の少年が最年少の政治犯として投獄された。グェン・マイ・チュン・トゥン少年は、2015年11月24日、彼の家族に対する強制立ち退きに反対した罪で、4年半の実刑判決を言い渡された。

トゥンは2015年8月8日、ベトナム刑法104条の「故意に他人の健康に損傷を与える、あるいは害を及ぼす」に該当するとして逮捕されている。トゥンは実刑以外に4万2,600ベトナムドンの罰金を課せられた。

裁判に立ち会いトゥンを支持するためサイゴンの活動家達がロンアンに駆けつけたものの、法廷への入場は許可されなかった。またベトナム全土の土地権活動家も街頭で15才のトゥンの釈放を訴えている。

トゥンの両親も今年「役人の公務執行を妨害」を行ったとして拘束された。両親は4月14日、自宅からの強制立ち退きに反対した際に逮捕されたのだ。


ベトナムの活動家たちが指導者に中国の習主席のベトナム訪問を中止するよう要求

ベトナムの活動家たちが指導者に中国の習主席のベトナム訪問を中止するよう要求

VOA

2015年10月20日

100人以上のベトナム活動家が政府当局に対し、中国の習近平主席のベトナムへの訪問計画を撤回するよう要求する公開状を送った。

彼らは、この動きについて「ベトナム国民に圧力をかけて、見下す隣国に、反対の立場を示すための外交上の当然の対応だ」と主張している。

公開状に署名した一人である社会活動家のLa Viet Dungは、中国の南シナ海の埋め立て計画に関する侵略的な態度が、公開状への署名のきっかけとなったと語る。