ベトナム:労働者の権利を求める女性運動家の解放は明るいニュース、しかしまだ多くの活動家が投獄中(アムネステイ)

ベトナム:労働者の権利を求める女性運動家の解放は明るいニュース、しかしまだ多くの活動家が投獄中

アムネスティ・インターナショナル 2014年6月30日

ベトナム人女性労働運動家で、良心の囚人であったドゥ・ティ・ミン・ハンが、早期に釈放されたことは、ベトナムにとって前向きな一歩ではあるが、当局は引き続き、いまだ収監されたままの大勢の平和的な活動家を釈放していくべきだ、とアムネスティ・インターナショナルが報じた。

ハン(28歳)は、ベトナム当局により6月26日に釈放、昨日帰宅した。彼女は以前にも労働者を支援し賃金と労働条件の向上を求めるビラを配ったため、「国家に対するプロパガンダを行った」罪で2010年までの7年間投獄された経験を持つ。

「もちろんドゥ・ティ・ミン・ハンの釈放は喜ばしいが、もともと投獄されるべきものではなかった。ビラを配って7年服役という判決自体が荒唐無稽であり、政府批判に対してベトナム当局が長期的に行ってきた弾圧が生み出した悲劇だ」、とアムネスティ・インターナショナルアジア太平洋副支部長、ルパート・アボットは指摘する。

「平和的に人権を行使しただけで投獄されている全員を、ベトナム当局は引き続き即時かつ無条件に釈放しなければならない」

ハンは刑務所内で過酷な条件下におかれ、何度も囚人から殴られたが、看守はあからさまに暴力を止めさせる対策を取ろうとしなかった。さらに適切な医療措置も受けられず、現在は体調不良と伝えられている。

ここ数ヶ月の間に、数人の良心の囚人が釈放されている。法律家のクー・フイ・ハ・ヴュ、民主化活動家でブロガーのグエン・ティエン・チュン、作家のビ・デュク・ホイ、釈放後まもなく死亡した教師のディン・ダン・ディンらもそうだ。