オバマ大統領、米越関係再定義の機会 2013年7月23日

オバマ大統領、米越関係再定義の機会 2013年7月23日

アメリカがベトナムを戦略的に位置づけるのは正解だ。人口と大きな経済的潜在力で、ベトナムは安定と地域発展に貢献できる潜在力を持っている。

しかしベトナムは圧政によって第二のミヤンマーと化している。ベトナム共産党政権は、平和的な活動を弾圧し、インターネットを検閲し、市民社会の発展を阻止している。政治裁判も過去一年で増加した。

今週、両国首脳が会談した折に、オバマ大統領はトルオン・タン・サンに、ベトナム経済の潜在力を解放し、安全保障を実現するカギは人々に力を与えることだ、と強調すべきだった。真の自由があってこそ、それは成し遂げられるからだ。人権弁護士レ・クォック・クアン、ブロガーのディウ・ケイ、ミュージシャンのヴェト・カーンなどの活動家を、まず釈放することだ。 …

ベトナム憲法の国民投票か、それとも共産党か?

ベトナム憲法の国民投票か、それとも共産党か?

ドュイ・ホアン、アンジェリーナ・ヒュン、トゥリン・ナグヤン

2013年6月4日

概要


数十人が意見表明で拘束されたと報告(アムネスティー 2013年11月7日)

ベトナム: 数十人が意見表明で拘束されたと報告 国際アムネスティー 2013年11月7日

国際アムネスティーは、本日、ベトナム政府に対し、政府に反対する人々の拘束を止め、さらなるいやがらせや収監から活動家の人権を守る施策を即座に実施するよう訴えた。

「沈黙させられた声:ベトナムの良心の囚人」は、ネットや街中で、ベトナム政府が言論の自由を犯罪として、法や行政命令で取締まっていることを指摘、リストでベトナムにいる75名の良心の囚人を公開、何年も厳しい環境下で収容されている者もいるとした。 …

弟の釈放運動で15カ月の禁固刑 国境なき記者団 2013年10月29日

弟の釈放運動で15カ月の禁固刑 国境なき記者団 2013年10月29日

南部ロン・アンの地方裁判所は、本日、ブロガーで活動家のディン・ナット・ウィに対し、フェイスブックで政府を批判したとして、15か月の禁固刑を言い渡した。

「国益に反し、民主的な自由と、組織及び個人の正当な権利と利益を乱用し」、刑法258条に抵触した。