ベトナム:人権活動家の訴追を取り下げるべき 民主活動家が多党制求めて迫害に直面(ヒューマン・ライツ・ウオッチ)

ベトナム:人権活動家の訴追を取り下げるべき 民主活動家が多党制求めて迫害に直面

(ニューヨーク) – ベトナム政府は、民主化運動家のグエン・ベト・ユン(Guyen Viet Dung)氏に対する訴追をすべて取り下げ、すみやかに釈放すべきだ、とヒューマン・ライツ・ウォッチは本日述べた。警察は2017年9月に同氏を逮捕し、反国家宣伝罪の容疑で訴追した。ゲアン省の人民裁判所で2018年3月28日に公判が予定されている。


ベトナム、著名人権活動家6人に禁錮刑(BBC)

ベトナム・ハノイで5日、著名なベトナム人人権活動家6人が、共産党政府の「転覆未遂」罪でそれぞれ禁錮7年から15年の有罪判決を受けた。

被告人の親族は5日、弁護士のグエン・バン・ダイ氏が禁錮15年、他の5人はそれぞれ禁錮7年から12年の判決を受けたと明らかにした。

判決に抗議してベトナムの首都ハノイにある裁判所に向かって行進していた人たちの数人が、私服警官に連行された。

複数の人権団体が、今回の有罪判決を批判している。

判決を受けた6人は、活動家ネットワークを自称する団体「民主主義のための同胞団」に関わっている。

過去にも4年間服役したグエン氏は2015年12月、助手とともに逮捕された。

グエン氏と助手は当初、反国家的プロパガンダ製作の罪で訴追されたが、後に政権転覆計画罪に罪状が変更された。他の活動家4人は2017年7月に逮捕された。

グエン氏の妻、ブー・ミン・カイン氏はBBCベトナム語版に対し、判決に「驚き憤っている」と述べ、夫は自分自身を「毅然と」弁護したと話した。


米空母 ベトナム寄港へ…ベトナム戦争後初 対中けん制(読売新聞3月5日記事)

米空母 ベトナム寄港へ…ベトナム戦争後初 対中けん制

 【ダナン(ベトナム中部)=田中洋一郎】米海軍の空母「カール・ビンソン」が5日、南シナ海に面したベトナム・ダナンに寄港する。米空母がベトナムに寄港するのは、1975年のベトナム戦争終結後、初めて。南シナ海情勢をにらみ、米越が安全保障面で連携を深めていることをアピールして、中国をけん制する狙いがある。

 午後から記念式典が行われる。寄港は9日までで、両国の軍関係者の交流行事などが行われる。昨年11月、トランプ米大統領とベトナムのチャン・ダイ・クアン国家主席がベトナムの首都ハノイで会談した際、2018年中の空母寄港を確認していた。

 南シナ海で領有権問題を抱えるベトナムは、同海域で軍事拠点化を進める中国への抑止力として、米国に期待する。米側としても南シナ海問題でフィリピンが中国寄りの姿勢を示していることから、ベトナムの戦略的重要性が増している。

女性は涙をぬぐった。「男が連れ戻しに来る夢を今も見る」…少数民族 人身売買の魔手(読売新聞記事)

[世界深層in-depth]女性は涙をぬぐった。「男が連れ戻しに来る夢を今も見る」…少数民族 人身売買の魔手(読売新聞記事)

2017年10月17日5時0分

ベトナムから中国へ 結婚や売春強制

 中国と国境を接するベトナム北部を中心に、少数民族のベトナム人女性らが中国への人身売買被害に遭うケースが後を絶たない。長年続いた中国の一人っ子政策で結婚難に陥っている中国人男性と結婚させられるか、売春宿で働かされるケースが大半のようだ。(ハノイ支局 吉田健一)

  「逃げたら殺す」

 山岳少数民族モン族のバン・ティ・ナンさん(30)の自宅は、ライチャウ省ライチャウから車で50分の山中にある。

 「ベトナムに戻ってもう3年になるのに、私を売り飛ばした男が連れ戻しに来る夢を今でも見るの」


フォルモサの環境災害に関するカトリック司祭ダン・フー・ナムのスピーチ

フォルモサの環境災害に関するカトリック司祭ダン・フー・ナムのスピーチ

ダン・フー・ナム

台北の記者会見に参加できないため、ベトナム被災地のカトリック司祭であるダン・フー・ナム牧師のスピーチが、事前録音された。

2016年8月10日

皆さん。

私はゲアン省クインルウ郡アンホア村、ヴィン教区フーイエン小教区の司祭、ダン・フー・ナムです。

中央部の省の住民は主な収入源として海に頼っていて、環境災害が発生して以来、苦難に直面しています。彼らの生活は深刻な影響を受けています。海が汚染されて大量の魚が死に、漁民たちは岸から離れることができません。魚の捕獲が可能だった漁民たちは、それを売ることができません。その結果、漁具への投資に銀行からローンを借りていた人たちは、破産する危険性が高くなっています

仕事を得るために多くの住民が家を離れるので、子供たちは学校へ行けない危険性に直面しています。さらに深刻な懸念として、たくさんの人たちが有毒な環境で働くことにより死亡しています。汚染された魚や海老を食べて死ぬ住民もいますし、前に述べた苦難のために医療支援が受けられない中毒者もいます。皮膚潰瘍などの奇妙な病気になる地元住民も出始めています。


民主主義活動家Đặng Xuân Diệu氏(シュワン・ディョウ・トゥ)が釈放されフランスに亡命

民主主義活動家Đặng Xuân Diệu氏(シュワン・ディョウ・トゥ)が釈放されフランスに亡命

2017年1月13日

Quyên Ngô (Loa)著 独占ウェブ 

ベトナム当局は、国家転覆罪で6年間にわたって拘束してきたブロガーと民主主義活動家を釈放して、直ちに国外追放した。


ベトナム人のフォトジャーナリスト、Mihn Man Dang Nguyen氏の釈放を求める

2016年11月4日

「恣意的拘禁に関する国連調査委員会」は、ベトナム政府が隠蔽している事件や問題を公表したことにより、現在、禁固刑に処せられているベトナム人のフォトジャーナリスト、Mihn Man Dang Nguyen氏の釈放を要求している。国連調査委員会の声明は、「メディア正当防衛イニシアティブ」、ザグレブ大学の「自由表現に関する法クリニック」に参加している学生達、代理人であるスミタ・シャー氏によって提出された請願に呼応したものである。

ベトナムのラジオ局であるチャン・トロイ・モイ・ラジオ(Radio New Horizon)を中心に活動していたミン・マン(Minh …

ベトナムと日本――新たな時代における防衛体制に向けて同じ道のりを歩む(ディン・ホアン・タン博士)

11月5日、南シナ海問題を考える会主催の研究会「緊迫する南シナ海情勢 ベトナム フィリピン そして日本」における講演を記録しておきます。

ベトナムと日本――新たな時代における防衛体制に向けて同じ道のりを歩む 

ディン・ホアン・タン博士

元在オランダ ベトナム大使

元ベトナム外務省国際ジャーナル編集長


ベトナムの勇敢な土地活動家Cấn Thị Thêuの証言―暴力、逮捕、そして投獄

ベトナムの勇敢な土地活動家Cấn Thị Thêuの証言―暴力、逮捕、そして投獄

グローバル・ボイス

2016年9月28日

Giang Nguyễnが編集したこの記事は、ベトナム関連のストーリーを放送する独立系ニュースウェブサイトおよびポッドキャストのLoaから採られ、グローバル・ボイスによってコンテンツ共有の合意に従って再発行されています。これは土地活動家のCan Thi …

中央ベトナムでの環境災害への政府の反応に対するベトナム市民政治団体による共同声明

中央ベトナムでの環境災害への政府の反応に対するベトナム市民政治団体による共同声明

ベトナムの団体

中央ベトナムの沖合で、死んだ魚が見つかってから3か月が経過している。この災害は、海に関連する職に就いている何百万人の人たちと未来の世代に影響を及ぼす環境を、ひどく汚染している。東海におけるベトナムの主権と中国の侵略という継続中の問題を背景にして、この災害は発生している。

ベトナム政府が「人民の、人民による、人民のため」に責任を持った取り組みをおこなっていると見なすというより、ベトナム人は政治指導部の憂慮すべき反応や憤りを目撃している。2016年6月30日、環境災害の原因が公表されたハノイでの記者会見に続き、魚の死の問題を覆い隠すキャンペーンが次のようにおこなわれている:

1. 情報通信省による 検閲